むち打ち症、少女固定・素因減額に関する裁判事例

平成25年2月5日、京都地方裁判所にて行われた裁判です。
今回のものでは、症状固定日に加えて素因減額に関して争われた事例です。
事故日:平成21年7月26日  
後遺障害等級認定:14級9号
 
NK1_6661.jpg

争点1:症状固定時期

双方の主張

原告側の主張 被告側の主張
原告は本件事故により、頚椎捻挫・腰椎捻挫・両肩腱板損傷・左膝打撲・椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニアの傷害を負い、
平成22年6月30日を症状固定とした。
 
症状固定日は平成21年12月末頃である。
・居眠り運転をしてブレーキなしでの追突であった為、原告はシートベルトを装着しながら体をハンドルに打ち付けられる程の強い衝撃を受けた。事故後、医療機関を受診しなかったのは、日曜日で医療機関が休診していたからである。

・頚部・腰部ともに画像所見及びこれと整合する神経学的所見ないし症状がある。

・平成21年10月以降、診療録に腰痛に関する記述が少なくなったのは、腰椎コルセットを装用するようになったからであり、腰椎時間が軽快、治癒したからではない。
 頚部に関しては、ブロック注射をあまり継続すると身体に良くないと聞き我慢していただけであり、頚部痛が軽減したからではない。
 
・原告車両の損傷は指さしで確認しなければ認識できない程度のもので、同事故直後、原告のさしたる症状がなかったことからも、同事故は軽微であった。

・原告の症状は、頚部及び腰部ともに神経学的異常所見のない、また、症状を裏付ける知覚的所見のない神経症状であり、客観的に特に重度ということではない。

・整形外科の記録によれば、腰痛については、
平成21年10月以降、痛みに関する記述が少なくなり、コルセットが効果ありとする記述があることから、同年10月末には軽快したと推測される。頚部痛に関してブロック注射の回数に減少傾向がみられ、平成21年12月末にはある程度軽快したものと推察される。
 

裁判所の判断

原告側意見を認める。

原告車の修理見積額からすると、ごく軽微な事故で原告が受けた衝撃が、ごく軽度であったとは認めがたい金額であること。

医師は診断書にコルセットの使用・ブロック注射・投薬によって症状は徐々に軽減しているが、治療継続は必須であると記載している。

ブロック注射回数に関して、平成21年11月が最多であり、12月が減少しているが翌年平成22年1月にはまた増加している為、単純に減少傾向にあるとはいいがたい。

争点2:素因減額

素因減額というのは、交通事故による損害の発生・拡大が、被害者自身の素因(要因)に原因がある場合に賠償金を減額することをいいます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

双方の主張

原告側の主張 被告側の主張
椎間板ヘルニアの発症誘因について、椎間板の退行性変性が誰にでも加齢により生じるとしても、これがヘルニアとなって痛みを伴う者は限定されており、
外力等による過剰運動が関係している者が約3分の1もの割合で存在する。本件において、外力の存在は明らかであり、加齢による退行性変性自体は素因減額の理由にはならない。
・頚椎や腰椎のヘルニアについて、ヘルニア自体は発生しているが、痛み等の症状が出ていない状態があり、本件事故によって痛みが出現した場合、本件事故でなくても別の機会に痛みは出現する素地はできていたというべき

・原告は本件事故の前も交通事故に遭い、腰痛に対して14級10号が認定されている。前回事故後の日常生活による椎間板ヘルニアが起こったと考えるのが自然。
 

裁判所の判断

 素因減額はしない。

頚部の椎間板ヘルニアにより、原告の症状が発生した可能性はあるものの、症状及び神経学的所見との整合性に欠けるため、断定はできない。
本件事故前の腰椎・頚椎に疾患というべき退行変性が存在していたことを認めるに足りる証拠はない。

この事例は、休業損害・後遺障害慰謝料・逸失利益・入通院慰謝料含め、
合計約1116万円を認めた事例です。

保険会社の方からは、今回のような素因減額や症状固定日の短縮などを要因のひとつに、損害万象金額自体が低く見積もられてしまうことがあります。

聞きなれない言葉が多いために、そのまま保険会社の言うままに進んでしまうことがあるのも事実ですので、ご不明点・心配な点などございましたら、ご相談頂けましたら幸いです。
 
(参考文献:ウエストロージャパン)
 
 

当事務所のコラムはこちら

弁護士 高城 昌宏コラム

肉じゃが

休業損害について

病院同行日記①

800年の歴史 笠間市の日本最古の蔵元

水戸ホーリーホック と V・ファーレン長崎

保険の仕組み

過失割合 駐車場内での接触事故につきまして

病院同行②

らーめん気分です。

笠間市の「須藤本家」その② 800年の秘密...

出張相談①

出張相談②

散歩レポート 明利酒造(水戸市元吉田町)

とっても美味しい味噌ラーメンです。

治療の打ち切りへのご対応

水戸ホーリーホック対大宮アルディージャ戦(イン水戸小吹町)

「顧客感動賞」を受賞しました!

過失に争いがある場合の自由診療と保険診療につきまして

MRI画像の重要性と難しさ

事務所サイトオープンしました!

 

キャスト 圷 奈々コラム

高次脳機能障害とは?

高次脳機能障害で問題を抱えておられる被害者とご家族の方々へ

母の日

高次脳機能障害・注意障害・記憶障害

高次脳機能障害・失語症・失行症

ジャイアンツ①

高次脳機能障害・失認症・半側空間

お客様のご自宅へ訪問①

茨城の海!!

高次脳機能障害・社会的行動障害

植物~!

高次脳機能障害・遂行機能障害

ひまわりと梅雨

高次脳機能障害・病識の欠如・地誌的障害

天気痛~??

高次脳機能障害の方のご家族のための支援

私のお気に入り①

高次脳機能障害・3級障害以下における介護費の必要性

高次脳機能障害・精神障害者保健福祉手帳①

高次脳機能障害・精神障害者保健福祉手帳②

父の日

高次脳機能障害・精神障害者保健福祉手帳③

高次脳機能障害・精神障害者保健福祉手帳④

SAZA COFFEE

茨城の海 part②

高次脳機能障害・画像診断について

私、誕生日☆その1

私、誕生日☆その2

高次脳機能障害・精神障害者保健福祉手帳⑤

ブラックバス

バーベキュー♪

脳のしくみ・脳の構造と機能①

大洗海上花火大会

華原朋美さん20周年記念ライブ♪

脳のしくみ・神経②

ビアガーデン

巣症状(局在性脳損傷)としての高次脳機能障害の症状

お客様のご自宅へ訪問②

焼肉~♪

3分間スピーチ

バーベキュー★

花火

24時間テレビ:高次脳機能障害

まだまだー!!

高次脳機能障害:リハビリテーション

結婚式in軽井沢

頭部外傷による高次脳機能障害とは?

ゴルフ日和

ラーメン

高次脳機能障害の判断基準(自賠責)

常陸秋そばフェスティバル里山フェア2015

水戸ラーメン祭り♪

2016年

お散歩

3月11日

春ですね~

お客様のご自宅へ訪問③

山登り


キャスト 高橋コラム

弁護士と事務員のこと

交通事故によって運転が怖くなってしまった方へ

お客様のご自宅訪問①

いちご狩り&蔦屋書店

専業主婦の方へ

むちうち症に関して

外貌醜状に関して

手ごねパン

お客様のご自宅訪問②

原付バイク(原動機付自転車)の事故

本の贈り物

miim library

ガラス工芸体験

むち打ち症、治療期間の必要性・相当性に関する裁判事例

むち打ち症、症状固定に関する裁判事例

専門用語① 素因減額

むち打ち症、症状固定・素因減額に関する裁判事例

バーガーショップin水戸

身体的要因によっての素因減額が争われた裁判事例

心因的要因によっての素因減額が争われた裁判事例

お客様のご自宅訪問③

専門用語② 過失相殺 no.1

専門用語② 過失相殺 no.2

ビアガーデンin水戸

専門用語② 過失相殺 no.3

大英博物館展

伊坂幸太郎さん

cafe + zacca + gallery MINERVA

芥川賞

miim letter

白くまアイス

8月1日

黄門祭り2015

miimの植物たち

キッズスペースの傑作

おすすめ書籍①

キッズスペースの傑作②

石岡市のお祭り

土浦市花火大会2015

【東京三弁護士会合同就職説明会】

水戸ホーリーホック VS 東京ヴェルディ

助手席や後部座席乗車中に交通事故に遭われた方へ

鑑定医による医療画像鑑定セミナーin東京

スノーボード 福島県グランデコスキー場

お花見

LETTUCE cafe

焼きたてスコーンのお店

3miim.pngのサムネール画像

ImgSDTop3_04.jpg

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

ご相談の流れ

アクセス

弁護士費用

 

 

 

 

水戸市の弁護士法人miim 029-302-0111

茨城県水戸市城南1丁目4-7 第5プリンスビル6階
TEL:029-302-0111 FAX:029-302-0023
初めての方でも安心してご相談いただける地元茨城県水戸市の法律事務所です。

Copyright (C) 2015 弁護士法人miim All Rights Reserved.