• HOME
  • 死亡事故の損害賠償

死亡事故の損害賠償

IMG_4242.JPG  
交通事故に遭い、交通事故被害者の方がお亡くなりになられてしまった場合、
ご遺族の方は損害賠償として、以下の4つの請求を保険会社にすることができます。
 
 

死亡事故の損害賠償の4分類

分類 項目
死亡するまでの怪我による損害 治療関係費、付添看護費、休業損害など
葬儀費 戒名、読経料、葬儀社への支払いなど
逸失利益 本人が生きていれば得られたはずの収入
慰謝料 被害者および遺族の精神的苦痛に対する慰謝料

 

死亡事故の損害賠償額においても、ある程度基準はありますので、適正な賠償金を受け取るためにも十分に賠償金計算には注意しなければなりません。

 

葬儀費とは・・・

葬儀(葬儀にお越しくださったかたへのご接待、ご遺体へのご対応に対します費用も含みます)や49日の法事の費用、百日法要などを行うための費用、仏壇購入費、墓碑建立費のことを一般的にはさします。自賠責保険では原則として金60万円までとされています。
また、その支出が必要性が認められ、かつその支出が相当性があると認められ場合には、金100万円までは、自賠責保険で認められる場合があります。
一方で弁護士会の基準、裁判所の基準では、130万円~170万円程度が適切とされております。多くの事案では、金150万円が上限となっています。一方、事案によっては、金200万円の葬儀関係費用を認めている事案もあります。)
但し、香典返しなどの費用は認めらない状況です。
 

死亡慰謝料とは・・・

死亡慰謝料とは、交通事故において被害者の方がお亡くなりになった場合、その死亡をさせられたことに対しまして計り知れない多大な精神的苦痛に対しての慰謝料を請求する権利のことです。  
被害者の方がお亡くなりになった場合の慰謝料は、被害者ご本人の慰謝料、ならびにご遺族の慰謝料を請求することができます。被害者ご本人の慰謝料は、ご本人のご遺族がご相続して、ご遺族が、お亡くなりになったご本人にかわり、請求することとなります。
このような場合におきましても、自賠責保険の基準、任意保険の基準、弁護士会の基準によって慰謝料の金額が大きく異なります。
自賠責保険の支払金額は、国が定める政令によって上限が全国一律に規定されています。
その内容は、自賠責法というう法律によって具体的に定められています。支払いは、迅速に受けられるという側面はありますが、最低限の救済にとどります。 
 

弁護士会の基準の慰謝料

ケース 慰謝料金額
一家の支柱の場合 2,700~3,100万円
一家の支柱に準ずる場合 2,400~2,700万円
その他の場合 2,000~2,400万円
 

自賠責保険の基準の慰謝料

対象 ケース 慰謝料金額
被害者本人 350万円
被害者の父母、配偶者、子供 遺族が1名の場合 550万円
被害者の父母、配偶者、子供 遺族が2名の場合 650万円
 
被害者の父母、配偶者、子供 遺族が3名以上の場合 750万円
※死亡者に被扶養者がいる場合には、200万円が加算されます。
 

任意保険の基準の慰謝料(現在は廃止されている従来の基準)

ケース 慰謝料金額
一家の支柱であった場合 1,450万円
高齢者(65歳以上で一家の支柱でない場合) 1,000万円
18歳未満(有職者を除く) 1,200万円
上記以外(妻・独身男女) 1,300万円
※任意保険の統一基準は廃止され、現在各保険会社が独自に支払い基準を作成しています。
従来の基準に準じている保険会社では、自賠責保険の基準よりも少し高い金額が採用されていることもあります。
ここでの「一家の支柱」とは、お亡くなりになった被害者の方が、生前、その属する家族において、家庭の生計を維持するための収入の大部分を得ている方で、その方がお亡くなりになることで、そのご家族の生活が著しく困難になる方を言います。

 

死亡事故に関する記事はこちら

死亡事故について

死亡事故の損害賠償

死亡事故の逸失利益

 

3miim.pngのサムネール画像

ImgSDTop3_04.jpg

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

ご相談の流れ

アクセス

弁護士費用

 

 

 

 

水戸市の弁護士法人miim 029-302-0111

茨城県水戸市城南1丁目4-7 第5プリンスビル6階
TEL:029-302-0111 FAX:029-302-0023
初めての方でも安心してご相談いただける地元茨城県水戸市の法律事務所です。

Copyright (C) 2015 弁護士法人miim All Rights Reserved.