• HOME
  • 口の後遺障害について

口の後遺障害について

交通事故により、口に後遺障害を抱えられてしまう場合もあります。口の後遺障害の主な症状としては、咀嚼機能を廃してしまった、上手く発音が出来なくなってしまった、歯を失ってしまった、味覚機能を脱失・減退してしまったなどがあげられます。
 
口の後遺障害の認定基準は以下の通りになります。
 

口の後遺障害の認定基準

①咀嚼・言語機能障害

等級 認定基準
1級2号
咀嚼および言語の機能を廃したもの
3級2号 咀嚼または言語の機能を廃したもの
4級2号 咀嚼および言語の機能に著しい障害を残すもの
6級2号 咀嚼または言語の機能に著しい障害を残すもの
9級6号 咀嚼または言語の機能に障害を残すもの
10級3号 咀嚼または言語の機能に障害を残すもの
         
咀嚼とは、食べ物を噛み砕き、消火を助けることを指し、言語機能とは、4種類の語音を発生する機能のことを指します。

 

②歯牙の障害

等級 認定基準
10級4号 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
11級4号 10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
12級3号 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
13級5号 5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
14級2号 咀嚼または言語の機能に障害を残すもの
10級3号 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
 
歯を失った場合に認められるのが、この歯牙の障害です。失った歯の本数に応じて後遺障害の等級が決めれられます。歯科補綴(しかほてつ)とは、欠損した歯を人工物で補うことを指します。

 

③嚥下障害・味覚の逸失・減退

等級 認定基準
12 級相当 味覚を脱失したもの
14級相当 味覚を減退したもの
 
嚥下障害とは、食べ物を飲み下すことができない状況のことを言います。 舌の損傷・顎の周辺組織を損傷したことが原因で起こるのが味覚の逸失・減退です。両方とも、頭部外傷により高次脳機能障害で、咽喉支配神経が麻痺した場合に発症します。
 

④特殊例

等級 認定基準
10級3号 気管力ニューレの抜去困難症である場合
6級2号 味覚を減退したもの
 
 
気管力ニューレの抜去困難症である場合
半永久的に抜去が困難な気管力ニューレの抜去困難症である場合
 
口の後遺障害のうち、歯牙の障害は、失った歯が3本以上喪失しなければ後遺障害の対象にはならないことに加え、乳歯や親知らずの喪失は対象外になる点に注意が必要です。また、歯牙の障害においては、専用の後遺障害診断書を利用する点も注意しましょう。
 
当事務所では、口に後遺障害を負われた方に対し、適正な後遺障害の等級認定を得られるように認定のサポートを行っております。口に後遺障害を負われてしまい、お悩みになられていることがございましたら、お気軽にご相談下さい。
 

後遺障害の種類に関する記事はこちら

高次脳機能障害

遷延性意識障害

脊髄損傷

むちうち

眼の後遺障害

耳の後遺障害

鼻の後遺障害

口の後遺障害

上肢(肩・腕)の後遺障害

手の後遺障害

下肢の後遺障害

足指の後遺障害

醜状障害

3miim.pngのサムネール画像

ImgSDTop3_04.jpg

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

ご相談の流れ

アクセス

弁護士費用

 

 

 

 

弁護士法人miim 029-302-0111

茨城県水戸市城南1丁目4-7 第5プリンスビル6階
TEL:029-302-0111 FAX:029-302-0023
初めての方でも安心してご相談いただける地元水戸の法律事務所です。

Copyright (C) 2015 弁護士法人miim All Rights Reserved.