• HOME
  • 耳の後遺障害について

耳の後遺障害について

交通事故によって耳に後遺障害を負ってしまう場合もあります。耳の後遺障害の症状としては、交通事故後に難聴になってしまったり、耳の欠損や耳鳴・耳漏などがあります。交通事故により聴力を喪失したり、低下してしまった場合、後遺障害の認定の対象となります。
 
耳の後遺障害の認定基準は以下の通りになります。
 

耳の後遺障害の認定基準

聴力障害

1)両耳の聴力に関するもの
等級 認定基準
4 級 3 号 両耳の聴力を全く失ったもの
6 級 3 号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
6 級 4 号

耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 40cm 以上の距離では普通の話声を解する

ことができない程度になったもの

7 級 2 号 

両耳聴力が 40cm 以上の距離では、普通の話声を解することができない程度に

なったもの

7 級 3 号

耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解すること

ができない程度になったもの

9 級 8号 

耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の

聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの

10 級 5 号

両耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度

なったもの

11 級 5 号 両耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
 
2)片耳の聴力に関するもの
等級 認定基準
9 級 9 号 1 耳の聴力を全く失ったもの
10 級 6 号  1 耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
11 級 6 号 

1 耳の聴力が 40cm 以上の距離では普通の話声を解することができない程度に

なったもの

14 級 3 号

1 耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

 
聴力の検査としてはさまざまありますが、主に「純音聴力検査」と「語音聴力検査」の二つで判断されます。
 Ⅰ)純音聴力検査:人の聴力は、空気の振動により音を把握する気導聴力と、頭蓋骨の振動
   によって音を把握する骨導聴力の2つがあり、この両方を検査すること。
 Ⅱ)語音聴力検査:言葉の聞こえ方と聞き分ける能力を検査すること。
 

欠損障害

等級 認定基準
12 級 4 号 1 耳の耳殻の大部分を欠損したもの
 
耳殻とは、外見的に「耳」と言われる部分のことで、音を集める働きをしています。この部分を欠損した場合は、後遺障害が認定される余地があります。

 

耳鳴・耳漏

等級 認定基準
12 級相当

・30dB 以上の難聴を伴い、著しい耳鳴りを常時残すことが他覚的検査により

立証可能なもの

・30dB 以上の難聴で、常時耳漏を残すもの

14 級相当

・30dB 以上の難聴を伴い、常時耳鳴りを残すもの

・30dB 以場の難聴で、耳漏を残すもの

 

この二つはいずれも難聴を伴います。
 Ⅰ)耳鳴り:どこからも音が聞こえないのに、耳あるいは頭蓋骨から音を感じる状態のこと
 です。ピッチマッチ検査・ドネスバランス検査という検査を行うことで異常を発見します。
 Ⅱ)耳漏れ:鼓膜に穴があいて、分泌液が流れ出してしまう症状のことです。
 
注意しなければならないのは、耳の後遺障害のうち聴力障害については、障害等級表の両耳の聴力障害で認定するため、片耳ごとの等級による併合の扱いは行わない点です。
 
耳の後遺障害についても、交通事故によって耳に外傷を負ってしまい、後遺障害となってしまう場合もありますが、頭部外傷によって聴覚神経に影響が発生し、耳の後遺障害を負ってしまう場合もあります。そのため、耳の後遺障害においては、耳鼻科で診察を受けること以外にも、神経内科や脳神経外科での診察を受けることも重要になります。
 
当事務所では、耳に後遺障害を負われた方に対し、適正な後遺障害の等級認定を得られるように認定のサポートを行っております。耳に後遺障害を負われてしまい、お悩みになられていることがございましたら、お気軽にご相談下さい。
 

後遺障害の種類に関する記事はこちら

高次脳機能障害

遷延性意識障害

脊髄損傷

むちうち

眼の後遺障害

耳の後遺障害

鼻の後遺障害

口の後遺障害

上肢(肩・腕)の後遺障害

手の後遺障害

下肢の後遺障害

足指の後遺障害

醜状障害

3miim.pngのサムネール画像

ImgSDTop3_04.jpg

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

ご相談の流れ

アクセス

弁護士費用

 

 

 

 

水戸市の弁護士法人miim 029-302-0111

茨城県水戸市城南1丁目4-7 第5プリンスビル6階
TEL:029-302-0111 FAX:029-302-0023
初めての方でも安心してご相談いただける地元茨城県水戸市の法律事務所です。

Copyright (C) 2015 弁護士法人miim All Rights Reserved.