80代男性会社経営者が死亡事故で、裁判外で約740万円増額した事例(死亡事故)

事故発生

茨城県高萩市において、横断歩道のない片側一車線道路を横断中、加害者車両に追突される事故に遭い、お亡くなりになられました

ご遺族の方から、保険会社からの提示額の妥当性についてご相談がありました。

 

 

当事務所の活動

保険会社からの提示内容としましては、死亡事故の慰謝料として1,400万円逸失利益として1,164万円葬儀費用100万円の、合計金額がおよそ2,700万円となっておりました。いずれの項目も自賠責基準で設定されており、弁護士が介入することで増額が見込まれる事案でした。直ちに、保険会社へ介入の通知を行い、交渉にはいりました。

 

 

当事務所の関与した結果

①死亡慰謝料につきまして

保険会社からは本人慰謝料350万円、遺族慰謝料750万円、扶養者慰謝料200万円の内訳が提示されていました。

当事務所としては、本人慰謝料を「一家の支柱」として、2800万円として主張し、妻200万円、子200万円(2人分)の主張を行いました。結果、本人慰謝料2000万円200万円200万円合計2,400万円となりました。

 

②逸失利益につきまして

事前の提示として、保険会社より自賠責基準で1,164万円が提示されていました。

その内訳としましては、本件は80代男性の高齢者であったため、「就労可能部分」「年金部分」で構成されていました。その後、当事務所で和解案を打診したところ、保険会社より「就労の蓋然性は低い」として、年金部分だけの提示となり、さらに限定されたものになりました。


当事務所としては、経営者であった被害者様の「就労可能部分」を証明するべく、過去10年間分の所得証明書を市役所から取り付けを行いました。

また、近年収入が減少していたことに対しては、経営会社の顧問税理士様に陳述書を書いていただき、東日本大震災、リーマンショック時の経営安定を図るため従業員の給与を優先し、自身の給与を支給していなかった旨の記載をいただくことで、本来収入を得ることのできる立場であったことを証明しました。

結果、およそ1,500万円の逸失利益を獲得することができました。

 

③葬儀費用について

自賠責基準では100万円まで支給されますが、弁護士が介入することで赤本基準の150万円が支払われました。
 
以上の結果から、合計およそ4,100万円を獲得することができました。
本件では、被害者側に15%の過失がありましたので、過失相殺後、ご遺族に支払われる金額としては、約3,440万円で和解することができました。

 

解決のポイント

死亡事故の逸失利益につきまして

通常の後遺障害の逸失利益と死亡事故の逸失利益では計算式が異なります。
 
【後遺障害の逸失利益の計算式】
 
逸失利益= 1年あたりの基礎収入 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間におけるライプニッツ係数
※労働能力喪失率:後遺障害の等級ごとに決まっています。
※労働能力喪失期間におけるライプニッツ係数:後遺障害によって働くことのできなかった年数を数値化したものです。
 
【死亡事故の逸失利益の計算式】
 
逸失利益=1年あたりの基礎収入 × (1-生活費控除率) × 労働能力喪失期間におけるライプニッツ係数

※生活費控除
死亡事故の場合、お亡くなりの被害者の方が本来得られるはずだった利益も失われている一方で、もしご存命であれば支出するはずの生活費は支払わなくてよいということになります。その控除率に関しましては、お亡くなりになった方の家庭内の立場、家族構成によって異なります。
 
今回の事案では、被害者様が80代のご高齢であったため、上記の「就労可能部分」に加え、「年金部分」の計算式も加わります。
ご高齢者の場合、保険会社の提示上では、死亡事故の逸失利益について「就労可能部分」の提示がいただけないこともございます。さらに、計算式の妥当性についてはなかなかご自身での判断が難しいと思われます。
 
ご家族が死亡事故に遭われますと、非常に心を痛まれていることと存じます。そのような中、保険会社とのやりとりになかなか気を配ることができない場合も多いと思います。
そのような場合も、ぜひご相談いただけますと幸いです。無料でじっくりとお話をおうかがいさせていただき、今後の方針についてアドバイスさせていただきます。

 

車種別で解決事例を探す

自動車.png   バイクバナー.png   自転車.png   歩行者.png

 

職業別で解決事例を探す

経営者.png   会社員.png   アルバイト.png   学生.png
主婦・主夫.png   求職中.png        

 

傷病別で解決事例を探す

むちうち.png   骨折.png   高次脳機能障害.png   死亡事故.png

 

部位別で解決事例を探す

頭部.png   首・腰.png   胸部.png   上肢.png
下肢.png   TFCC.png        

 

等級別で解決事例を探す

14級.png   12級.png   10級.png   9級以下.png
非該当.png            

 

当事務所の解決事例一覧

掲載日 事例内容 部位 等級

被害者の

職業

事故

分類

獲得

金額

(万円)

増加額

(万円)

2015.02.06

オートバイ乗車中の転倒事故で上肢骨折・可動域制限の障害により2920万円を獲得した事案

上肢

併合

10級

会社員 オートバイ 2920 2098
2015.02.06

自転車で走行中、普通乗用車と接触し下肢骨折・関節機能の障害により2180万円を獲得した事案

下肢 10級 アルバイト 自転車 2180 1610
2015.02.06

 

オートバイ乗車中に普通乗用車との衝突を回避しようとして転倒し被害者側の過失を60%主張されたが裁判上の和解で390万円を獲得した事案

 

頚椎

腰椎

14級 求職中 オートバイ 390 250
2015.02.06

普通乗用車運転中、携帯電話を操作している前方不注意の普通乗用車に追突されて通院慰謝料111万円を獲得した事案

頚椎 なし 会社員 自動車 111 37
2015.03.20

専業主婦が椎間板ヘルニア・頚椎捻挫による休業損害で約400万円獲得した事案

椎間板

頸椎

なし 主婦 歩行者 393 280
2015.03.25

高次脳機能障害で裁判手続きを得ずに約5130万円獲得した事案

頭部 併合
4級
求職中 歩行者 5130 2000
2015.04.07

赤信号停車中に追突でされ、頸椎捻挫で治療費130万円のほかに305万円で和解した事案

頚椎 14級 経営者 自動車 435 320
2015.04.16

パートで働く主婦が赤信号停車中追突され、後遺障害を除く一部示談において160万円で早期和解した事案

- なし パート
主婦
自動車 160 80

2015.04.28
 
50代主婦が一部示談金として入通院慰謝料250万円獲得した事案 下肢 なし 主婦 自動車 250

2015.05.12
 
50代男性会社員が頚椎捻挫による休業損害で約100万円増額した事案(14級) 上肢 14級 会社員 自動車 250 100

2015.05.13
 
専業主婦が事故による腰椎捻挫で当初提示額より110万円増額した事案 上肢 なし 主婦 自動車 230 110

2015.05.17

40代女性が頚椎捻挫で当初提示額より約90万円増額した事案
 
上肢 14級 主婦 自動車 220 90
2015.10.19 30代男性が頚椎捻挫等で22万円増額で早期解決した事例

頚椎

胸椎

腰椎

なし 会社員 自動車 86 22
2015.11.02 30代女性(家事従事者)が頚椎捻挫で当初提示額より約90万円増額した事例 頚椎 なし 主婦 自動車 170 90
2015.12.14 40代女性(主婦)が頚椎捻挫等で当初提示額より、約85万円増額した事例

頚椎

胸椎

腰椎

なし 主婦 自動車 148 85
2015.12.17 60代男性が頚椎捻挫・腰椎捻挫で早期解決、約60万円増額した事例

頚椎

腰椎

なし 会社員 自動車 115 47
2015.12.17 40代男性が後遺障害非該当、通院慰謝料で128万円獲得した事例

頚椎

腰椎

右上腕

なし 会社員 自動車 128
2015.12.17 40代男性が頚椎捻挫・腰椎捻挫で約140万円増額した事例(14級)

頚椎

腰椎

14級 会社員 自動車 310 140
2015.12.18 50代会社経営の男性が裁判にて休業損害金200万円を認められた事例(14級)

頚椎

左上肢

14級 会社経営者 自動車 520 270
2017.02.14 40代男性が頸椎捻挫・腰椎捻挫で約130万円増額した事例(14級)

頚椎

腰椎

14級 会社員 自動車

680

2人分

330

2人分

2017.03.02 40代女性が頚椎捻挫で画像鑑定を活用し、14級認定を獲得した事例(14級) 頚椎 14級 会社員 自動車 310 140
2017.03.13 50代主婦が頸部の痛みについて異議申立てを行い、14級を認定された事例(14級) 頸部 14級 主婦 自動車 290 120
2017.03.23 家族同乗の車で事故に遭い、ご家族3名で約330万円増額した事案(14級)

頚椎

腰椎

14級 会社員・主婦・小学生 自動車 680
3人分
330
3人分
2017.03.29 80代男性会社経営者が死亡事故で、裁判外で約740万円増額した事例 - なし 会社経営者 歩行者 4100 770
2017.04.11 40代男性が通院慰謝料を増額し、2週間でスピード解決した事例 頚椎 なし 会社員 自動車 77 60
2017.04.26 40代女性と70代男性の親子が頸部挫傷で約170万円増額した事例(14級) 頸部 14級

主婦

無職

自動車

581

2人分

170

2人分

2017.05.01 20代男性が頚椎捻挫で通院慰謝料を増額し、2週間でスピード解決した事例 頚椎 なし 会社員 自動車 56 15
2017.05.16 50代女性が頚椎捻挫・腰椎捻挫で約270万円を獲得した事例(14級)

頚椎

腰椎

14級 主婦 自動車 270 -
2017.05.18 40代男性がバイク事故による後遺障害で約3,000万円を獲得したほか、希少性の高いバイクの修理費150万円を獲得した事例(9級) 左上肢 9級 会社員 大型バイク 3000 -
2017.05.25 30代女性がTFCC損傷を事故との因果関係を否定されたことに対する異議申立てを行い、12級を獲得し、750万円の賠償金を得た事例(12級) TFCC 12級 会社員 自動車 750 -
2017.06.06 60代夫妻が後遺障害14級を認定され、主夫の休業損害を主張するなど2人分640万円の賠償金を獲得した事例(14級)

頚椎

腰椎

14級

主夫

会社員

自動車

640

2人分

-
2017.06.13 50代女性が通院慰謝料・休業損害を増額し、約170万円で解決した事例 - なし 主婦 自転車 176 130
2017.06.19 40代男性が、頚椎捻挫で14級を獲得し、275万円の賠償金を獲得した事例(14級) 頚椎 14級 会社員 自動車 275 -
 
3miim.pngのサムネール画像

ImgSDTop3_04.jpg

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

ご相談の流れ

アクセス

弁護士費用

 

 

 

 

弁護士法人miim 029-302-0111

茨城県水戸市城南1丁目4-7 第5プリンスビル6階
TEL:029-302-0111 FAX:029-302-0023
初めての方でも安心してご相談いただける地元水戸の法律事務所です。

Copyright (C) 2015 弁護士法人miim All Rights Reserved.